組合員のひろばは、とりコープホームページのリニューアルに伴い、下記のアドレスへ移転しました。
過去の記事はご覧いただけますが、2012年8月以降の記事は、下記のアドレスよりご覧ください。
http://www.tottori.coop/activity/

プロから学ぼう~「大山こめ豚・みみとん」親子料理教室を開催しました(東部)

1mimitonn256 (カスタム).JPG

 7月29日、さざんか会館にて開催し、親子6組14名の参加しました。

2mimitonn29 (カスタム).JPG

 「大山こめ豚・みみとん」の飼育の方法などを教わった後、岩谷さんの手本を見せて頂いてから親子でミルフィユカツサンド、簡単トマト冷製スープ、サラダを作りました。プロから学んだミルフィユカツは絶品!お母さんと楽しく作ったことなど夏休みの良い思い出となる1日でした。

オタフクソース商品セミナーを開催しました(東部)

①a 053 (カスタム).jpg

6月26日(火)東部第二支所内の調理室にて開催しました。今回は応募者多数の為、抽選の結果選ばれた27名の方が参加しました。

②a 010 (カスタム).jpg

まずは(株)オタフクソースの長村さんによるソースや商品の説明。ソースの原材料やお好みソースと焼きそばソースの違いなどを熱く語っていただき、参加したみなさんはオタフクソースの深さを知る事ができました。長村さんは3時間以上ソースについて熱く熱く語ることができるそうですが、本日はコンパクトにまとめていただき、続いてお好み焼き調理の講習。
 

③a 048 (カスタム).jpg 
講師は、1週間に5回はお好み焼きを食べる、食べたくなる♪ (株)オタフクソース お好み焼き館、お好み焼き課(楽しい部署だそうです)の髙橋さん。

④a 002 (カスタム).jpg

本日はソース3種類(お好みソース2種類、焼きそばソース1種類)と「広島お好み焼きこだわりセット2人前」を使用し、作っていきます。

⑤a 018 (カスタム).jpg

まずは生地を伸ばします。コツや失敗した時の修正方法をこっそり教えていただきました。(生地がダマにならないようにするには、ボールなどに水を用意し、粉を入れていくほうが良いそうです)

⑥a 023 (カスタム).jpg
具材をのせ、ひっくり返す時のコツ、ヘラの使い方、温度調節なども細かく教えていただきました。

⑦a 027 (カスタム).jpg

焼きそばソースで炒めた麺にのせ、広げたたまごにのせて仕上げます。
⑧a 031 (カスタム).jpg
ソースをかけ、完成! いよいよ広島お好み焼きに挑戦です。
⑨a 035 (カスタム).jpg

生地づくりに集中!

⑩a 036 (カスタム).jpg

みなさん上手です。

⑪a 038 (カスタム).jpg

続いて具材をのせていきます。

⑫a 039 (カスタム).jpg

講習で聞いたポイントを思い出しながら作っていきます。

⑬a 040 (カスタム).jpg

参加者コメント・・・ひっくり返す時、みんなに注目され、緊張しました(笑)

⑭a 045 (カスタム).jpg

完成したお好み焼きをヘラで切り、お皿にのせていきます。

⑮a (カスタム).jpg

参加者のみなさんが作ったお好み焼きを食べ比べるため、並べていきます。

⑯a 046 (カスタム).jpg


お待ちかねの試食♪ みんなでおいしくいただきました。

⑰a 050 (カスタム).jpg
参加者の方からは「ソースも広島お好み焼きこだわりセットもぜひ使ってみたい!」「家は関西風だけど挑戦します!」「ソースについて知ることができたのでよかった」「あと何回か作ったら上手にできると思います」などの感想をいただき、楽しくおいしい時間となりました。

産直・大山こめ豚“みみとん”交流会を開催しました(西部)

2112.6.28みみとん交流会_046 (カスタム).jpg
6月28日(木)西部支所にて、生産・加工・製造のメーカーさんを囲んで交流会&試食会をしました。昨年6月に愛称“みみとん”と命名された産直豚は徹底した衛生管理のもとでストレス少なく、健康に育てられています。くさみがなく、脂っこくなく、冷めてもかたくない、とってもぜいたくな豚肉だと改めて感じました。

「せいきょう農園」開園式を行いました

集合写真●せいきょう農園開園式 033 (カスタム).jpg5月13日(日)八頭郡八頭町志子部地区で「せいきょう農園」開園式を行いました。

理事長あいさつせいきょう農園開園式 009 (カスタム).jpg

松軒理事長あいさつ

自己紹介せいきょう農園開園式 015 (カスタム).jpg
農園に参加する組合員さんの家族、関係団体のみなさん、「ふなおか共生の里づくり活動」の一環で、県内外から志子部地区へ移住した若者たちの自己紹介。その後農園に移動しました。

移動せいきょう農園開園式 021 (カスタム).jpg子どもたちは既にテンションが高いです。

除幕式せいきょう農園開園式 022 (カスタム).jpg農園看板除幕式のようす。松軒理事長、組合員さん親子で農園看板の序幕を行いました。

小林さんせいきょう農園開園式 069 (カスタム).jpg
早速、農作業開始!志子部地区に在住し、農業をはじめ様々な活動をしている「風輪」の小林さんに指導していただきました。

鎌谷さんせいきょう農園開園式 062 (カスタム).jpg
鳥取県畜産農協の鎌谷さんは手際よく耕していきます。

みんなで耕すせいきょう農園開園式 088 (カスタム).jpg

渡辺さんせいきょう農園開園式 072 (カスタム).jpg志子部地区在住「志子部地域おこし協力隊」の渡辺さんにコツを教えていただきました。

JA鳥取いなば河嵜さんせいきょう農園開園式 101 (カスタム).jpgいよいよ、さつまいもの苗植え!JA鳥取いなば河嵜さんに教えていただきました。

 

子ども苗植えせいきょう農園開園式 106 (カスタム).jpg
頑張って植えていきます。

みんなで種まきせいきょう農園開園式 117 (カスタム).jpg続いて、ひまわりの種まき!だんだん集中してきました。

 

kodomo農園開園式 081 (カスタム).jpg
 ちょっと休憩・・・

子どもに教えながらせいきょう農園開園式 126 (カスタム).jpg
 親子で協力♡

 

 

水遣りせいきょう農園開園式 135 (カスタム).jpg

水遣りはまかせて!

 

交流せいきょう農園開園式 145 (カスタム).jpg

作業の後はみんなで交流!充実感が漂います。

ログハウス04.01志子部入村式 002 (カスタム).jpg

今後もたくさんのみなさんと交流できる楽しいイベントを企画検討し、食と農の再生、美しい里山の再生、生産者と消費者や都市と農村をつなぐ活動を行います。お楽しみに!

 

産地交流・見学・体験のため、青森県・津軽産直組合を訪問しました3

1aつがる画像 207 (カスタム).jpg

11月12日(金)
午後からはりんご畑に移動し収穫の見学と体験。

2bつがる画像 193 (カスタム).jpg

津軽産直組合の斉藤篤寿さんに案内していただきました。

 

3cつがる画像 202 (カスタム).jpg

りんご畑のりんごを味見。 素手でりんごを割って渡していただきました。

 

5eつがる画像 220 (カスタム).jpg

収穫体験の前にりんごの取り方、収穫するりんご、残しておくりんご等を教えていただきスタート!

 

4dつがる画像 198 (カスタム).jpg

組合長の斉藤武雄さんに見本をみせていただきました。

6fつがる画像 209 (カスタム).jpg

生協職員の収穫体験。脚立の上で、なかなか上手くいきませんが教えていただきながら作業しました。

 

7iつがる画像 217 (カスタム).jpg

たくさん収穫しました。

 

8gつがる画像 019 (カスタム).jpg

 

9jつがる画像 006 (カスタム).jpg

 

10hつがる画像 014 (カスタム).jpg

今年のりんごも生協職員が自信を持っておすすめします!!

11kつがる画像 010 (カスタム).jpg
 りんごの収穫をされているみなさんと生協職員。午後4時を過ぎると気温が下がり、息が白くなってきました。

12lつがる画像 026 (カスタム).jpg
  鳥取県生活協同組合・産直りんご栽培園地にて

 

13mつがる画像 034 (カスタム).jpg冬の剪定から収穫までの生産者のみなさんの気持ちがりんご一つ一つに入っていることを感じた2日間で「安心安全でおいしいものを食べていただきたい」という想いの詰まった津軽産直組合のりんごの味は格別でした。今年も津軽産直組合のりんごを是非ご利用下さい。